このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

兎は黒と白

小説 歴史・時代

兎は黒と白

風希

白「黒~!!」黒「抱き着くな阿呆!」

休載中

609ページ

更新:2016/10/02

説明

黒:最初に言っておく。
私の名前は黒兎(くろと)だ。
黒でも黒うさぎでもない。

平:可愛いからいいじゃん♪

一:俺も可愛いと思うぞ…?

黒:う、うぅ///

新:第一、黒兎って男みたいじゃん。

黒:それは名前だからしょうがない。

総:それでも貴方は女の子ですよ。“一応”

黒:聞き捨てならない言葉が聞こえたが?

総:気のせいじゃないですか?

左:俺もまぜろ~!

全:嫌だ。

左:ひどっ!











これは黒兎という“一応”女の子と新撰組の話です。

黒:お前までなんなんだ。

ごめんなさい。

あ、日本語で表現が難しい言葉はカタカナ使っちゃいます。

黒:お前文才ないからな。

Σはうぁっ! 自分のつくったキャラにダメだしされた!

黒:頼りない作者だがよろしく頼む。

え、なんか悔しい(泣)

皆さんこれを読んでボクを慰めてください!(泣)






あっ!はいはいっ!歴史ねじ曲げます!

黒:…ねじ曲げるなよ。







              .

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

風希さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント