このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

いくど刀を拭っても

小説 歴史・時代

いくど刀を拭っても

豆あずき

舞台は幕末。役者は新撰組、倒幕派、そして………

休載中

187ページ

更新:2013/02/25

説明

リメイク版公開[リンク]

まだページ数は少ないですが、リメイク前のを読んで頂いた方でも楽しめるように書いてます。


──────────
──────




文久三年、西暦1863年──────幕末。



親を、友を、恩師を殺され、翻弄される人々。


外国の勢力と幕府。

己の正義の為に男達は刀を握ることを選択する───。


それぞれの譲れない思いは歴史を発展させ、未来を築く。


自らを翻弄した刀を握ることを自ら選択した者達。



────しかし、彼らの前に“イレギュラー”が現れる。


意図せず狂っていく歯車。


己を断った少女と共に、時代は荒波へと飲まれる。





「ならばその男────────────殺してしまえ。」

狂気。


「佐井、俺はてめぇに前に進んで欲しい。」

愛情。


「──彼は、動かない為に動いてるんですよ。」

信頼。


「────っ何故君は此処にいる? ……何が君を此処に留まらせている?!」

戸惑い。




思いは予測不可能に交錯する。




   ×××



※恋愛がみたい! 王道じゃなきゃいやだ! という方にはお勧め出来ません。

※史実はストーリー上、あえて沿いません。史実が絶対! という方は速やかに9を押してください。

※受験生なので更新は不定期になります。二週間は開かないようにします。

※文才に過度な期待はしないでください。特に序盤は酷いなぁ………。

※心はシャボン玉ですが愛があれば批判や意見大歓迎です。

※レビュー&ひとこと&スター&応援、してくれたら嬉しい…な………



以上のことをふまえてどうぞ(o^o^o)→

暇潰し程度にはなるはず!


カテゴリ最高80位

閲覧数1000突破!

しおり数100突破!


お陰様で、ありがとうございます!!



作品公開開始2012年5月末頃

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

豆あずきさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント