このページのリンクアドレス

エブリスタ
1度君を見たらもう忘れることはできない

小説

1度君を見たらもう忘れることはできない

ひとえ

1度君を見たら決して忘れることはできない。どんな時でも君のことを思ってしまう

完結

2ページ

更新:2011/07/26

説明

何をしてても、


寝るときも必ず君のことを思ってしまいなかなか寝付けない。

常に小魚の骨が刺さっているようなもどかしい気持ちになる。



アナタも1度は体験したはずです。




5作品目 完結

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ひとえさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません