このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

明日もまだまだ愛してる

小説

明日もまだまだ愛してる

うひと

詩人の生まれ変わりの少女が夢見がちに、愛する先輩に愛を綴りつづける話

休載中

3ページ

更新:2011/07/27

説明

 「そう、先輩は言うなれば私にとって――――」「うん、もういいから」
 高校の入学式、私はあるお方に恋をしました。その方といえば、一目みれば誰もが恋に落ちるほど美しく、それはまるで百合の花のよう。実に聡明なお方で、隠しきれない知性が滲み出ている故に、不良の能無しどもに絡まれてしまうことも。しかしそんな不良も物ともせず、部活に励み、大会での優勝経験もおありです。
 私は溢れる自らの思いを隠しきれず、思わずその思いを一通の恋文に……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません