このページのリンクアドレス

エブリスタ
第1章:始まり

小説 恋愛

choco to LOVE ①

第1章:始まり

あんころもち

『チョコ寮』の男子たちとの出逢いは、甘くてちょこっとキケン付き。

完結

20ページ

更新:2018/02/15

説明

最新の章(③㊦・第44章)[リンク]

基本は甘く ときに切なく、
たまにシリアスなスクールLOVEライフ!!
学生生活だけが舞台ではなく、様々な要素が入っている人間ドラマです。

①『出逢い』編(約9万1000字)【本作】
②『アバンチュール』編(約7万字)[リンク]
③㊤『修学旅行』編(約16万字)[リンク]
③㊦『戦上は船上』編(現在約15万字/連載中)[リンク]
番外編リスト(現在24冊/約10万字) [リンク]

①執筆:2009.11.15~2010.1.?
エブリスタ投稿:2011.7.19~

この作品のタグ

作品レビュー

LALA
LALAさん
【作品】choco to LOVE ①【完】についてのレビュー

ネタバレ

はじめまして、こんばんはm(__)m
LALAと申します

この度はイベント参加ありがとうございます(*^^*)
誠心誠意を尽くしてレビューさせていただきます!

掲示板にあった通り、文体について述べていきますね(^^)

では、参ります


全体的な文章は良い感じです

句読点の付け方もバランス良く、一文一文の長さも適切ですし改行も しっかりされていて誰でもスラスラと読み進めていける、ストレスフリーな文体だと思います

キャラの台詞もイキイキしていて、軽快ですし(^^)

ただ、ちょっと地の文が少ない所と言葉の使い方に違和感を感じる所が惜しいです

例えば人物の容姿に関する地の文による説明ですね
あかねは軽く説明が入りましたが、奈央子やぶつかった少年にも容姿の描写があれば、より魅力を引き出せますよ

言葉の使い方については、私が違和感を覚えた小説内の文を書き出していきます

5P 掃除を振り切って
振り切っては追ってくるものから逃げる時に使う言葉なので、掃除しろーと迫られている訳じゃない この場面なら「掃除している生徒達を脇目に、奈央子は教室を出た」等、書きかえるのもアリかもしれません

6P 身体同士がぶつかったような感触
どーん、と痛いくらいぶつかってるので感触と遠回しに書くより、身体同士がぶつかって~等、ストレートに書くのもアリかもしれません

あと、「わわ、本当に遅刻~」の前に「少年に魅入っていた奈央子はハッと我に返った」等、何らかの描写があった方が流れが不自然じゃないかもです

気になった点は、このくらいですね

長々と偉そうに申し訳ありませんm(__)m

あくまでも個人的な意見なので、軽く聞き流していただけると幸いです

では、駄レビュー失礼致しましたm(__)m

もっと見る

2015/06/08 20:59
コメント
陶山千鶴
陶山千鶴さん
【作品】choco to LOVE ①【完】についてのレビュー

ネタバレ

はじめまして、イベント参加ありがとうございます。陶山千鶴です。さっそくレビューさせてもらいます。

私が読んでみて思ったことなんですが、勢いはあるんだけど、うまく内容がつかめないです。描写や文章が足りないってことはないのでしょうがポンポンとセリフだけで進むため、主人公達の背景がわかりにくいのかもしれませんね。手紙の呼び出しや、なにか秘密らしきものがあるのかもしれないけど、私にはわからかった。たぶん、私がアホだけだろうし、物語の冒頭だから勢いが必要だったと思うけど、もう少し世界観について書かれるとよかったかなと思います。

勢いはあるけど、早足な感じです。そういう物語が好きな人にはいいかもしれませんが、じっくり読み進める私には早足でいろいろ混乱しましたし、主人公は手紙を不審に思ったり、疑問に感じたりはなかったのでしょうか。

全体的にセリフが多く、地の文が少ない、世界観や物語の伏線があったほうがいいですね。

ズバズバと遠慮なく言いましたが、これは私が読んだ感想なので参考程度にしてください。

もっと見る

2015/02/26 02:26
コメント(1)

あんころもちさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント