このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

秋桜の咲く世界

小説 SF

秋桜の咲く世界

クーウェン

一人の少女は想い、一人の少年は戦う。戦争の中ですれ違う二人の心のお話。

休載中

15ページ

更新:2011/09/11

説明

西暦3012年。
資源枯渇問題に直面した人類は地球にはない資源、宇宙の惑星から発見された生命金属「トリバイトルーツ(通称TR)」を新たな資源とし開発を進められていた。

そして、高濃度のTRを粒子化することによりビーム兵器へと変貌した。

これにより各国はTRを奪い合う戦争を引き起こし、TRを兵器の重要な資源という定理が世界に浸透し始めた。

TRを動力・兵器として戦争の道具となる人型起動汎用機「ライディングフィギィア(通称RF)」は各国で開発され、戦争に参加し、その戦火を広げていった。

――それから1年。西暦3013年。
未だ終わらぬ戦争に立ち向かう少女がいた。彼女に待ち受けるものは生か…死か。

2011年8月4日 執筆開始。
絵師様募集中。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

クーウェンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません