このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

光があるから影がある

小説 恋愛

光があるから影がある

零スター

「アンタの存在感のなさに惚れたわ!」「馬鹿にしてんのか…?」

休載中

341ページ

更新:2014/02/22

説明

高校に入学して、しばらく経ったある日のことだった……。

俺は、ある女に目をつけられてしまった。


昔から、存在感が感じられず、影が薄い俺に目をつけたアイツ……何で俺なんだ?


「あたしは、アンタのその、存在感のなさと影が薄いのが気に入ったわッ!

その存在感のなさ、影の薄さ!!
それでこそ、目立たせがいがあるってものよッ」

俺に目をつけた女は、俺と対極の存在である、太陽のように明るく、活発的な美少女だった。

その女の名は、文月美咲(ふみづき みさき)。

そんな、美咲とその愉快な仲間たちに巻き込まれ、俺は………



栞、ファン登録、スター、レビューお待ちしております!

そして、表紙デザインが完成!

龍太郎さん、ありがとうございましたm(__)m

さらに、まだまだ表紙を描いて下さる、絵師の方を募集しています!
ヨロシクお願いしますm(._.)m

連夜様に描いていただいた、文月美咲がP4にアップ
水郷→P170にアップ
みつ→P171にアップ
鳴海→P172にアップ
カゲ→P193にアップ

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

零スターさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません