このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

新選組女監察物語~華手紙~

小説 歴史・時代

*新選組女監察物語*

新選組女監察物語~華手紙~

如月 零桜

…新選組女監察…浅葱の背中を追いつづけた一生の物語…

休載中

21ページ

更新:2012/04/16

説明

永遠たる命 咲く事あらば 散る事も惜しみなく
────────────
クラッ
「…う?」


それは彼女の悲しき性か…
零れてゆく運命に抗い続けた

彼女の名は

華咲 未来(カザキ ミライ)

咲見の力がある…
美しく、笑顔で散って逝った
新選組で唯一の女監察。
花が咲く様に生き、散る様に死んで逝った彼女の生涯…一つの物語


「…う…そだろ…何とか言えよ……おいっ!!!!何でそんなに笑顔で居られんだよ!!!!」

「お前は名の通りの人間だな」

「お前と居ると明日が見える気がするよ」

「…俺らはいつも…お前に感謝してる…」

「このままだと…いつ死んでもおかしくない…一つだけ言える事は…無理だけはさせるんじゃない」

───────────────
拝啓
新選組の皆さん

…みんなの暖かさに触れられた事…

きっと…ずっと忘れないよ。


いつまでも…


私は新選組のみんなを誇り、愛しています。心から…─────

…最期は闇より光が良いなぁ…─



            」

敬具
華咲 未来
────────────

未来「書くからにはちゃんと書いてね☆」
うっ…はいはい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

如月 零桜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません