このページのリンクアドレス

エブリスタ
夜は嘘をつきたがる。

小説 SF

夜は嘘をつきたがる。

チェアー

男は苛々しながら空を睨む。 その男に声をかける女。その女は無表情に男を見ていた。

完結

4ページ

更新:2011/08/11

説明

上から面倒な仕事を回されて、同僚で恋人の女と寒空の下張り込むことになった俺。
禁煙が上手く行きそうだったのにと毒を吐きながら煙草を口にくわえて俺はただただ苛ついていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

チェアーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません