このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

カミサマは傘を差す

小説 青春

カミサマは傘を差す

燎爛

―そして彼女は今日も傘を差す

休載中

8ページ

更新:2011/08/30

説明

―僕は神様を信じない。

そんな僕の前に現れたのは神様とは程遠い、傘を差した少女だった。
彼女は奏でる。
死に逝く者の魂を。
彼女は奏でる。
生ける者の想いを。
そして彼女は自分をこう名乗る。



「カミサマ」と。





人と人との繋がりを奏でる愛と友情の物語。
自分の「大事な物」という部分で改めて考えさせられる作品になっています。
自分で書いてて反省してます。
どうもすみませんでした。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

燎爛さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません