このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

陽色の桜

小説 歴史・時代

陽色の桜

雨月-アマツキ-

これは人斬り集団と一人の少女の物語…

休載中

115ページ

更新:2014/06/26

説明





『──陽溜まりの桜のような温かな安らぎであるように』


何時か聞いた自分の名に込められた想い──

その想いに答えられているだろうか……

あたしには何の価値があるのだろう……


瞼を閉じて浮かぶのは、光も音もない漆黒の闇だけで──……


大切なことも、忘れたいことも全て闇に呑まれて消えてしまった──






不思議な力と共に生きていた少女はいつも人の死と隣り合わせだった

ある日人斬り集団と出逢い、彼女の紡ぐ物語は波紋を広げる……







.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.

この物語はフィクションです。

作者の処女作です。あまり、というか全く歴史には詳しくないので史実に沿った内容ではありません。更に亀更新です。


また、作者は小心者なので誹謗中傷の類いは厳禁でお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雨月-アマツキ-さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません