このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

新撰組と不思議少女

小説 歴史・時代

新撰組と不思議少女

朧雪鬼

えっ?今どこに居るかって?文久3年の新撰組屯所ですがなにか?

休載中

23ページ

更新:2012/08/25

説明

馬鹿で明るい不思議(?)少女

名前は白霧琥珀(シラギリコハク)


どうしょうもない思考をもつ琥珀が幕末に!?…………大丈夫なのか?


「めげずに隊士になってやんよ!!って、個性的過ぎだろぉぉお!」



土方の小姓&監察方&総隊長!?


「新撰組の事意外、頭悪いが何とかなるぜ!!なんせ私は琥珀様だからだー!!」


「「「「「おー!!」」」」」


「駄目だ、コイツら…。」


土方に安らぎの日は来るのか!?


中傷・荒らしは止めて下さい!!
私のガラスのハートg…(((殴



たまにシリアスになります。
作者はバカなので主人公もバカです。
事実にあまり触れてません。
たまに流血表現あります。
ハイテンションで更新します。
こう言った話は苦手だ、という人は速やかにお逃げ下さい。
逆にぉK!バッチ来いだ!!って人はどうぞ!!

この作品のタグ

作品レビュー

朧雪鬼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント