このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

浮町なる

小説 歴史・時代

幕末物語

浮町なる

水重葉爽

「ちょいっとお前さん、そんな店よりこっちに寄ってはどうござりんすか。」

休載中

31ページ

更新:2013/02/11

説明

花魁の華火は小さい頃に両親に売られた可哀想な子


とても心が清い波風花魁に使えていたが
当の波風は
脚気(かっけ)になってしまい、花魁として活躍できなくなってしまった。


華火は波風花魁のために遊女の最高地位の花魁になろうと努力した。



身請けされ吉原を去った後、公之伸と恋に落ちてしまった。


悲劇の遊女、華火花魁の人生を書いた物語。


in吉原………かな?



言葉が滅茶苦茶になるときがありますが無視してくださいッッ!!

レビュー、ファン登録お願いしますッッ

読みにくくても文句は言わないでください


書き始め H23 9/13

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

水重葉爽さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません