このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

The traitor to fate

小説 SF

All the ends

The traitor to fate

副大魔王アク

人は感情という手枷に苦しみ、運命に巧みに利用される。 たった1人の反逆者を除いて。

休載中

181ページ

更新:2011/12/08

説明

2058年

9月上旬にしてはやけに暑いこの日を、人々は特に気にすることもなく各々の生活に浸っていた。

この地球には超力という、摩訶不思議な超能力を持った人達が数多く存在する。

その力は人類を魅了し、虜にした。


超力が発見されてから約30年。

その力が広く世界に広まり、評価された。


しかし人類は疑問に思わなかった。



何故、こんな力を扱う事ができるのか?



運命は人類を完全に困惑させ、知らず知らずの内に物事を進めていく。





そして世界は崩壊を始める。


始まりはあまりにも冷酷且単純なものだった。



初投稿です。

この作品は
かなりの長編になる事、
文章力が乏しい事、
更新が遅い事、
等が挙げられます。

誤字脱字等はレビューで教えて頂けると幸いです。

まだまだ素人ですがよろしくお願いします。


しおりを挟んでくれた方、
ありがとうございます。


2011.9.29
執筆開始

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

副大魔王アクさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません