このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

強制BAD・弐

小説 ホラー

強制BAD・弐

中の人

少女と男が織りなすBADEND集。

休載中

54ページ

更新:2015/01/22

説明

――私が迷い込んだのは、灯りが一つもついていない、暗い暗い街の中だった。

「脱出しましょう、二人で!」

なんとかしてこの街から脱出を図ろうとする少女【白川 鈴(しらかわ すず)】。

「私は……誰だ?」

自身を何者かに操られる男【オギノ ヒトシ】。

――そこは、例え死んだとしてもやり直しがきく世界だった。

『明けない夜』

白川を手助けするのは明るい少年、ジン。

『強制BAD』

オギノの前に現れたのは冷静な少女、リン。

『二人の男女』

少年少女の手には一冊ずつ本が握られていた。

果たして彼らは暗闇の街から脱出できるのか――。



前作より少々システムを変えた強制BADです。

主人公が二人でBADが二倍、というわけではありません。

案内役も増えてBAD回避も楽に……なって、ない気がします。谷本さんが優秀すぎたのかな???

前作[リンク]強制BAD

10月3日執筆開始。

※ 前作とはあまり関係はありません。

ちょっとした報告。[リンク]2015年1月22日更新。

挿し絵・表紙はコスペ(コスカペラッツェル)様。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

中の人さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント