このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

誠に捧げる

小説 歴史・時代

誠に捧げる

雪宮 文乃

時は、幕末。新撰組に出会った少女は何を思い描くのか-?

休載中

26ページ

更新:2013/03/23

説明

親や親族を目の前で亡くし、自分も殺されそうになった時、助けてくれたのは、【新撰組】だった
……


その後、気絶してしまった少女を頓所へ連れ帰ったが、起きた時には


「私…?…誰?名前……思い…出せない……」


名前も思い出せない【記憶喪失】になっていて--


記憶を探す紗耶にある日夢の中で語りかける人物が


ねぇ、あなたは、一体誰なの?


-----------

※史実に沿って話しを進めて行くつもりですが、私なりに変える事も多々あると思いますのでご了承下さい

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雪宮 文乃さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません