このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

STOP...

小説 ミステリー・推理

STOP...

BAN☆

俺達はあの日…閉じ込められた…。悪魔の商店街に…。

休載中

75ページ

更新:2012/10/26

説明


男子高校生の神田蓮は、毎日妹と一緒に学校へと行っていた。
妹の唯が通う中学が近いため、兄妹揃って行くのが神田家の決まりだった。

通学路の途中にあるひとつの商店街。その中にはいくつもの店が並んでいる。
蓮の友人の皆瀬朝香と服部誠也は商店街の中にある店、皆瀬靴屋と服部文具店の娘、息子である。

『おはよう、蓮』
朝香がいつものように蓮に話しかけて1日が始まる。
3人一緒に商店街を進んでいると突然…

『キャアアァァ!!!』

女性の悲鳴が響き渡る。
女性の指が示したもの…それは商店街の出口を封鎖するかのように立つライフルをもつ男達…。
この商店街で悪夢が始まる…。
そう…このかけ声と共に…。

『つ~かま~えた♪』

執筆スタート
2011.10.12

初のミステリーなのでお手柔らかにお願いします。

BAN☆

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

BAN☆さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント