このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

原始音楽論

小説

原始音楽論

ドイツ昌宏

血眼になり、芸術科学を志たわたくしの最高傑作であり、処女作です。

休載中

2ページ

更新:2011/10/13

説明

血眼になり、芸術科学を志たわたくしの最高傑作であり処女作です。このような理論は、例えば「ドー」と伸ばして、詩のように同じ言葉を連想した人がいないと普遍的には、ならないのでしょうが、例えば「ドー」と伸ばして「紫」「レー」と伸ばして「赤」などと連想した人はいて、違う時代なのに同じような色を連想したという。しかし、言葉を連想したのは、私が初めてであり、私の最高傑作であり処女作です。高尚過ぎますが、よろしくお願いいたします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ドイツ昌宏さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント