このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

《オリジナル》

小説 SF

《オリジナル》

パーソン

〈ドッペルゲンガー〉それはもうひとりの自分。

休載中

18ページ

更新:2011/10/29

説明

〈ドッペルゲンガー〉
それはもうひとりの自分。



人は誰しもが<才能>をもっている。それに気づいているか、気づいていないかの違いだけである。



ある学者が我が子にやどる才能をしった。そして、その我が子を実験台にして我が子の分身であるドッペルゲンガーをつくりだした。


それが全ての出来事の始まりだった。




神坂有馬(カミサカアリマ)は自分が人とは違う特別な人間であると感じていた。
何故なら有馬は「未来がみえる」という<才能>があったからである。
そんなある日、
有馬は突然自分と同じ<才能>をもつもう一人の自分とであう。

やつは何者なのか、自分はオリジナルなのか、ドッペルゲンガーなのか、

今、仲間とともに有馬の己をかけた闘いがはじまりをつげようとしていた。










◎誤字脱字、内容が変、文章がへん、いろいろあると思いますが初心者なので適当によんでください。
お願いです。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません