このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

サークル・ストーリー

小説 ファンタジー

サークル・ストーリー

青い三連星

「やっぱり僕の天職は薬草摘みだなあ……」

休載中

400ページ

更新:2013/12/12

説明

勇者とその仲間達の物語。
運命に選ばれた者達が、勇者の元に集結する……!
オムニバス形式で進むファンタジー。

第一章
勇者の剣を託された少年ジェノは、国を飛び出すため、盗まれた古文書を探すことに。彼を待ち受けるものとは……?

第二章
狩人の青年、ジローが保護した不思議な少女サキ。わがままな彼女に振り回されるジローだが、サキを元いた場所へ送り届けることとなり……

第三章
何年もの間、師と二人きりで修行していた拳法少女メイ。最後の試練を受けるため山を降りた彼女は、やがて大きな闇に直面するのだった。

第四章
潰れかけのギルド「カバリエ」のメンバー、ヒース。自分が大きな運命の渦の中心となることを、彼はまだ知らない。


この作品に対するご意見、ご感想があればお気軽にコメントしてください。
より良い作品のために、酷評も受け入れる覚悟です。

ご指摘のあった部分の大幅な加筆、修正は終了しました。
拙かった一章も、少しはましになったかも知れません。

検索ワードとか入れてみたり。

勇者/ラノベ/剣と魔法/妖怪/ファンタジー/和風/アクション/仲間/人と魔物/魔王/美少年/美少女/スライム/ほいほい/旅立ち/5分で読めない/ヤンデレ/クーデレ

吹けば飛ぶような外伝→[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

涼水 爽毅
涼水 爽毅さん
【作品】サークル・ストーリーについてのレビュー

ネタバレ

!や?のあとはヒトマスあけましょう。
…三点リーダーは偶数使い。
描写がちょっとばかり足りないと感じました。小説で読み手に送れる情報は文字のみです。
P4の荒ぶる鷹のポーズのあたり。自分の解釈では両手を頭部の横まで持ち上げ、翼を象るかのように手の甲を上にし、片足を上げ、奇妙なポーズをとっている。
このように想像しましたが、読み手それぞれでイメージが変わると思います。
ちょっとツコッミどころとして、主人公は旅の準備をしているけれども、ブレット君は誘われてすぐいくのはおかしいのではと感じました。魔法使いだからと言って準備もなしに普段過ごしているままの状態で旅に出るとは少々無茶だとおもいます。
また描写の不十分なのですが、でてくるキャラの特徴が少ないです。ジェノがどういった背格好なのか、髪型は?目の色は?などなど。コボルトもどんな見た目の魔物なのか、自分はわかりませんでした。槍を使うので人型なのですかね?
アドバイスとしては、その情景を思い描いて細かく描写していくといいです。それで不要なところは消していくといったかんじですかね。
またツコッミどころなのですが、主人公はなにか剣術の修行でもしていたのでしょうか?序盤の描写からして剣を握るのも初めて見たいに感じられます。その弱冠15歳の少年が依頼されるような一般人では倒すことができないボスコボルトを討伐できるとは思えません。もっと設定を作りこんだ方が良いと思います。
キャラクター一人一人の経歴を考えると良いと思います。ある映画監督は登場人物一人につきノート一冊は設定を考えるというほどです。
それとトントン拍子すぎるとも感じました。魔物のいる海を渡る際に乗せてくれるおじさんがいましたが、彼らを乗せることでおじさんになんの得があるのでしょう?命がけでかれらを乗せるのに見合った報酬をもらえるのでしょうか?

結構きついことを書きましたが、話がそれぞれ分かれており、この先どうつながっていくのかが気になるお話ですね。
ばらばらの話を終結に導くのは結構難しい構成ですが、成功すると深い作りになるのでそこに期待ですね。
個人的には王様が自分は好きでした。普段はお茶目なのにしっかりしてるところもあるのをみているとmoonの王様を思い出します。
執筆頑張ってください。

もっと見る

2012/09/27 17:26
コメント(1)

青い三連星さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント