このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

キャンバス

小説 青春・友情

キャンバス

甘離

私の日常は普通で残酷で美しい―――少しズレた文化部少女の青春

休載中

15ページ

更新:2012/01/05

説明



私の日常はキャンバスに色を重ねていくことに似ている―――――






高校2年に上がったばかりの私はまだ地塗りしただけのキャンバスだった



まだまだ未完成の私はこの世界を知り尽くしたとばかり思っていたけれど世界はそんなに狭くはなかったし、だからといって広いわけでもなかった



そんな矛盾だらけの世界に私はまだ飛び込んだばかりだったのだ







私自身がキャンバスで、この日常、この毎日が様々な特徴のある色



毎日のちょっとした出来事が色の変化につながり、感情の起伏によって使う油の種類や筆の種類が決まってくる



そして、明るい色も暗い色も混ざり合いなんともいえない二度と作り出せない色で私自身というキャンバスを描いていく









そう、そんな油彩画みたいな日常







-----------------


こちらのほうが更新率が早いと思われますが、どちらにしろ亀更新となります。

誹謗・中傷はご遠慮ください。








この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

甘離さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません