このページのリンクアドレス

エブリスタ
星空の願い

小説 ホラー・オカルト

星空の願い

くろねこ

何気ない、とても平穏で幸せな、小さな日常と。壊れ行く平和と…悲劇の、物語───。

完結

212ページ

更新:2012/03/12

説明

転校から一ヶ月、篠崎流星(シノザキ リュウセイ)は、持ち前の明るさと同じく明るいクラスメイト達のおかげで、新たな生活にすっかり馴染めていた。

しかし、たった一人だけ。未だ会話はおろか、まともに眼も合わせたことが無い少女が、一人だけ居た。仲の良いクラスの中で唯一人孤独に生きる、朱雀未来(スザク ミライ)という名の少女。流星は、その少女が持つ不思議な魅力に惹かれて行く。
けれども、その少女が口にした言葉は、ただ一言。

「…ごめんね。それから、私には近寄らない方がいいよ?」


それでも流星は、少女と心を通わせたくて幾度も接触を試みる。クラスメイト達の言葉も他所に。


そんな折に流星は、思いがけずある一冊の本を手に取ることとなる。そして、その本を開いたその日から──。
彼の日常は、静かに狂い始めて行く…。



ごくありふれた、温かで小さな日常。
続くのが、"当たり前"。
この大切な仲間達と、いつまでも、いつまでも……。


…そう、思っていた──。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

くろねこさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント