このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

闇の舟は光の空を渡って

小説 SF

闇の舟は光の空を渡って

多数存在@なんか夏イベ!17

能力バトルファンタジー

休載中

123ページ

更新:2012/09/12

説明


オレたちの声が聞こえたのかミウがちらりと振り向いた。

遠目でよくわからなかったが、その口元が微笑みの形を作ったような気がした。

それからこちらに向かって駆けてくる。

「後はお願い」

少し前で止まると弾む息のままくるりとオレたちに背を向け、大ムカデたちの方へ両手を差し出した。

「夜刀(やっつ)」



?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ

統一政府により平和に統治される世界。

世界の組成へと影響しかねない【能力】に目覚めてしまったオレ [尾南ハチ]

政府はオレの能力を危険視し「削除」の決定を下す。

政府の刺客『特公』の突然の襲撃。

絶体絶命の危機からオレを救ってくれたのは特公に反旗を翻す男 [田辺ガラパゴス]

オレは彼を師と呼び、行動を共にする。


迫り来る刺客たち。

能力を駆使したバトル。


オレの【能力】は世界を破滅へと導くのか。

そして驚愕の世界の真実の姿とは。


己の命を勝ち取るための戦いが今始まった。


?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ ?ソ



能力バトルファンタジーです?ツ


?ナ習作です?ナ。

誹謗、中傷、ご指摘、ご指導、なんでもどしどし待ってます?a

この作品のタグ

作品レビュー

多数存在@なんか夏イベ!17さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント