このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ブラッディ・ストロベリー

小説 恋愛

ブラッディ・ストロベリー

黒朱める

赤い色が嫌いだった。貴方が、怖かった。

休載中

108ページ

更新:2015/06/30

説明

††††††††

14.3.15
※長らくお待たせ致しました。現在、見直し・加筆修正しながらの執筆となります。


12/26[リンク]

※注意書き[リンク]
└必読です。作品を読む前に、必ず読んで下さい。

††††††††



真っ赤な苺のキャンディを食べる貴方が、怖かった。


私はあるトラウマによって、赤い色が嫌いだった。


それなのに、こんなことになってしまったのは何故だろう――…?


"嫌い"でも楽しかったのに、そんな日々は突然終わりを告げた。


いつも完璧な貴方の秘密を知ってしまったその時、私は狂い出す。


自分の上司がまさか
“■■■”だったと知った時、正気で居られますか――…?


血の滴るオフィスラブを、貴方に。

 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント