このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

リアル・センサー(仮)

小説 SF

リアル・センサー(仮)

ナオキ

新感覚のゲームが開発された。政府非公認のゲーム。体験版に御招待。

休載中

23ページ

更新:2012/01/13

説明

ゲーム大国日本。


現代の日本は世界でも有数のゲーム大国になった。
年々精密になっていったゲームはさらにリアルさを追及していく。
3D、バーチャル。そして、大手ゲーム会社SSHR社はリアルさの限界にたどり着いた。

ゲームの中へ入って自分自身をプレイヤーとしてゲームを進めること、独自の開発を進め、とうとうここまでたどり着いた。

しかし、リアルさの限界にたどり着いたということは感覚まで現実的になるということ。
ゲームオーバーは死に値する。


SSHR社、社長鹿取悠真は実験としてあらゆるジャンルのトップを集めゲームを実行した。

クリア報酬2億円。

ゲームオーバーは死。

さぁ新感覚の超大作を体験していただこう。



検索ワード
ゲーム、サバイバル、殺しあい、スリル、対決、心理戦、能力、

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません