このページのリンクアドレス

エブリスタ
せんりつアップル

小説 ホラー

せんりつアップル

ざらめ

ファンタジーでダークでメルヘンでホラーで、そして何よりハートのお話。

完結

45ページ

更新:2011/12/27

説明


「……何を読んでるんだ」

「狼と七匹の仔山羊よ」

「オレの嫌いな話だ」

「奇遇ね。私も嫌いなの。だって、山羊が狼に敵うわけないじゃない」

「オレもそう思う」

「それなのに、弱者は頑張ったり機転を利かせたら強者にも勝る、みたいな展開が凄く苛つくわ。現実にはいくら足掻いても越えられない壁なんて、数えられないくらいあるのに」

「…………」

「……さ、無駄話はこのへんにしておきましょう。今日は、あなたはまた何を持ってきてくれたの?」

「オレがお前に持ってくるものは、いつだって一つだ。ほら、これが──」










──今なら分かる。

 きっと彼は狼の皮を被った悪魔で、
 私は山羊の皮を被った人間だった。



* * * * *



 ある冬に一人の少女が悪魔と出会った話を纏めた、童話調の物語り。

 旋律するのは林檎で、戦慄するのは心臓で。
 ややこしい世界観とか、愛憎渦巻く人間関係とか、奇想天外な展開なんてなくて、昔読んだ絵本の童話のようにありふれた経過と結末がただ待ち受ける、教訓なんて一つもない、泣くも笑うも嘲るも読み手次第の聖夜の読み切り物語。

44+おまけの1Pで完結済み
*

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ざらめさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません