このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

猫頭(ネコカブリ)……

小説

猫頭(ネコカブリ)……

桜 優人

題が決まらない

休載中

9ページ

更新:2012/01/11

説明


(ガシャーン!!




(ドタドタドタドタ

「逃げたぞー!」
「上の階に上がった。奴め、屋上から逃げる気だ!」



***



「ひょえー。すっげぇ景色だなぁ!町がキラキラ光ってて綺麗だ♪」


全身を黒で被った青年はそう言った。


《拓海。お宝はちゃんと盗ってきたな?》

耳につけられた通信機からそう問われた。



一言。青年は「もちろん!」つげ、夜の町に姿を消した。




***



私立滝ノ宮高等学校に通う、高校一年生の「緋山 拓海(ヒヤマ タクミ)」は夜になるとある組織の一員として"お宝"と呼ばれている物を盗みまわっていた。


彼は何故盗みをするのか?

それには訳があった――――



***


バトル、ギャグ、シリアス。

主にバトルに入りたいのだが、ギャグが少々押してくる。


ほぼ会話文。

読みやすさなどありません。


自分用にかいているのでオススメはできません。



パクリ禁止!!
絶対に使わないでください。


途中でページがなくなる場合があります。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桜 優人さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません