このページのリンクアドレス

エブリスタ
剣をその手に

小説 歴史・時代

剣をその手に

kinako

(2)

これは沖田総司と少女の、たった5日間の物語

完結

104ページ

更新:2012/11/17

説明

沖田総司と少女の、たった五日間の物語――
幕末短編小説です。


閲覧数900突破!
完結してからも、こうして読んでいただけてとても嬉しいです(*^^*)ありがとうございます!!


閲覧ありがとうございます(≧∀≦)
また、しおりを挟んでくださった方、ありがとうございます。
とっても嬉しいです!!



剣道の稽古中に意識を失った高校一年生の夏山陽花(なつやまはるか)


目を覚まして出会ったのは死の淵にいる沖田総司でした。


剣道を始めたばかりの陽花と
天才剣士の沖田


陽花が沖田から学ぶものとは――


現代を生きる女子高生と幕末の剣士が織りなす、たった五日間の物語。






幕末短編ものです!

注!この話はフィクションです!

辛口でもコメント、アドバイス等いただけると恐縮です。


※公式イベント、集英社コバルト文庫賞に参加いたしました。

多くの方に読んでいただけると嬉しいです(^^)



「私の誠―生きる―」[リンク]を現在連載中です。よろしければそちらも閲覧してください!!

この作品のタグ

作品レビュー

kinakoさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント