このページのリンクアドレス

エブリスタ
キミだけのボクの名前

小説

キミだけのボクの名前

茉夜

死ぬのも生きるのも怖い。でも死にたいし生きたい。

完結

173ページ

更新:2012/08/26

説明

――僕は、別に自殺したいわけじゃない。


あわよくば幸せになりたいだけで。
あわよくば、嬉しいとか楽しいとかそういうの感じたいだけで。
あわよくば、将来のこととか考えたりしてみたいだけで。



――あんたなんか、いなきゃよかったのに


母は僕に呪いをかけた。
それは、「死にたがり」の呪い。

けど僕はそんな現実が怖いから、「自殺したいわけじゃない」と言う。



 何も感じずに生きることは絶対に無理だ。
 けど、感じていることを自覚しなければ、無関心でいられる。



そんな僕のそばで、キミは何度も僕を抱き締めた。

性別も年齢もわからない厚着の“そいつ”。
僕は、キミに、言いたいことがある。



僕は、少ない人生の中で、捨てられない何かにしがみついて生きている。



―――

注意!

自殺志願者の話です。
抵抗がある方は閲覧ご遠慮ください。

歪んだ命の話です。
不快に思われたなら申し訳ありません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

茉夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません