このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

妖怪蜂と僕

小説 青春

妖怪蜂と僕

九龍

「は、蜂が喋った…?」 「…喋っちゃわりぃかよ」

休載中

13ページ

更新:2012/02/25

説明


夏休みにおばあちゃんの家に帰郷した秋瀬広孝(あきせひろたか)。

その家の後ろには、入った者は祟られるという有名な森があった。


広孝がその森で出会ったのは──

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません