このページのリンクアドレス

エブリスタ
どうせならヒーローがよかった3

小説 SF

どうせならヒーローがよかった

どうせならヒーローがよかった3

ヒロダイラ

そんな昔の話・・・・・・正直忘れてた。

完結

307ページ

更新:2016/02/16

説明

妹の機嫌が悪すぎる。


大沼夏希の大沼健一への態度が
悪いのはもはや日常風景だが
今回ばかりは度が過ぎている。


蹴られ殴られ引っ掻かれ。


どうにかしたい健一だが
定期テストでそれどころじゃない。


月島京子に助っ人を頼んだが
取り合ってもらえない。


これだけでも大変なのに
桐野瑠璃との仲も
余計に気まずくなっていく。


どうしたものかと
頭を抱える健一だが
ある幼女が最強助っ人に。




ただし条件付きだった。







「幼女に教えられる高校生って・・・・・・」


どうせならヒーローがよかった3


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
1[リンク]

2[リンク]

4[リンク]

表紙は礬水紙さん(^ω^)ノシ[リンク]

京子に
「こら、ダメ! めっ!」
って言われたいhshs


この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ヒロダイラさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント