このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

社会的業-Accommodation to Sociaty-

小説 詩・童話・絵本

社会的業-Accommodation to Sociaty-

見ゑ無スケル

視ず、聴かず、謂わず。社会的カルマ。

休載中

22ページ

更新:2012/05/02

説明

思いつきの末路は空中解体。

粉々のそれをかき集めたところで

元の姿に戻ることはなく、

ただ私の心の表面を細かく傷つけるだけ。

擦りガラスの心は私の視界を曇らせ、

視えていたものを観るようになり、

聴こえていたものを聞くようになり、

謂っていたことを言うようになった。

死人を見る目で貴方をなぞる。

誰の喜怒哀楽も私の知るところではなく。

失礼千万のこの世では

それが守られるべき美徳らしい。

私は一度だけそれに殺されたが、

いつの日かそれを殺してみせよう。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

見ゑ無スケルさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません