このページのリンクアドレス

エブリスタ
愛について

小説 恋愛

愛について

さくら

(2)

愛て何だろう?あんなに信じあって、これ以上はないと思っていたのに。

完結

410ページ

更新:2017/02/28

説明

まさか、私たちの間でこんな事がおこるなんて…

旦那に浮気をされた。裏切られた。

夢にすら、想像できない苦しみ。

この作品のタグ

作品レビュー

しじむ
しじむさん
【作品】愛についてについてのレビュー

ネタバレ

一気に読ませて頂きました。
軽々しく読める話ではありませんでした。

浮気の定義だとか、どこまでなら許せるか、とかよく話題になりますが、私はこう思います。

「人を傷つけてはいけない」
ましてや、大切な家族を傷つけるなんて。

さくらさんは、とても純粋な方なんだな、と思いました。

そんな人が傷つけられ、苦しむ姿を思うと、胸が締め付けられました。

あくまでも、この話を読んだだけの一読者の感想です。

旦那さん、優しくない。
誠実?とんでもない。
これだけ人を傷つけて、その血も見えない?平気で居られる?抱きしめればごまかせるとでも思ってる?
とても感情がある人だとは思えない。

「死にたい」と言ったときには、あまりの怒りに手が震えました。
どこまで自分勝手なんだ。

あくまでも、この話を読んだだけの一読者の意見なので、聞き逃して下さいね。

ここまで感情が動かされるのはさくらさんの文章力のおかげなのでしょう。

私の子供も仏の用な顔で産まれて来ました。
人生は止まることなく進んでいく、子供がいるとなおさらそう思いますね。

さくらさんに心からの祝福を捧げます。
小説を読ませて頂いてありがとうございました。

もっと見る

2016/10/26 02:45
コメント(1)

さくらさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント