このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

女鬼の涙

小説 歴史・時代

女鬼の涙

和音ルカ

少年は幕末に生きる「女鬼」と出会った

休載中

191ページ

更新:2012/12/23

説明

目を覚ますと刃を突き付けられている俺、桐野 祐次(きりの ゆうじ)。

刃の持ち主は女!?

てか、裸!?

とてつもなくピンチな俺!

ここはいったいどこなんだ!?


――――――――――――――

幕末・新選組の物語です。
が!ここ大事!!!
題名からわかる人がいるかもしれませんが、鬼の副長の土方さんが女性です!

苦手な方はお引き取りください(><)


「新撰組 解体新書」という本を参考にしていますがフィクションです。

土方さんが女性の時点でフィクションです!

その辺を踏まえていてください。


しばらく更新できませんが、完結する気はあります!


表紙[リンク]は直井姫人ちゃんが描いてくれました♪

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

和音ルカさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

この作品の参加イベント