このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

界宮兄弟の1日

小説 その他

界宮兄弟の1日

ミカンの旗

界宮家の兄と弟の色々な1日の物語

休載中

4ページ

更新:2012/05/03

説明

親が亡くなって三年目…、霊になって現れた兄と二人?暮らしの界宮 夜月
界宮兄弟の家庭の話だけじゃなく、夜月の学校での1日や、
界宮夜月の兄、界宮霊道がのんべんたらりんとした1日や、色々な話が満載


キャラクター紹介

界宮 夜月 (かいぐう やづき)
界宮 霊道の弟である、料理、掃除、洗濯、皿洗い、トイレ掃除、全ての家事は夜月が行っている(アルバイトもしている)、ケーキを食い散らかす兄にいつも困っている。
高校では風紀委員(推薦)である。
16歳、誕生日 7月21日


界宮 霊道 (かいぐう りょうどう)


界宮 夜月の兄、霊となって現れている、死因はケーキの食いすぎの糖尿病、しかも三歳という幼さでなくなる。
極度のケーキ好き(主にショートケーキ)
性格は最低である、自信過剰、自己中、自画自賛、何に置いても自分は最強だと思っている、家事は一切手伝わない、散歩するたびにはチンピラを必ず殺す。
19歳 誕生日 9月3日

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません