このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

巫女と世を守りし神々

小説 ファンタジー

巫女と世を守りし神々

姫園☆死姫

“巡り逢いし刻の者”よ。今、解き放て…

休載中

55ページ

更新:2014/03/31

説明

*―*―*―*―*―*―*―*


むかーし、むかし。


ある山の奥深くに
小さな神社がありました

そこには
とても美しい巫女と

この世を守る
火・水・草・雷・風・氷の
力を司る神々が

ひっそりと暮らしていました


そんな ある日。
巫女は神々にこう言った
《“今”を大切にして下さい》


その翌日。
巫女は死んだ

とても哀しんだ神々は
巫女と暮らしたこの山を
巫女が愛したこの世を

命が尽きるまで守り続けた


その後。
巫女と神々は

大空の上で幸せに暮らした



そして、『現代』へ
生まれ変わる



火の神の生まれ変わり『陽炎』

水の神の生まれ変わり『翡翠』

草の神の生まれ変わり『草樹』

雷の神の生まれ変わり『雷煌』

風の神の生まれ変わり『風雅』

氷の神の生まれ変わり『氷名』


そして―――――

巫女の生まれ変わり『花籠彩葉』


七人の気持ちが交差する
和風ファンタジー



これは、
“巡り逢いし刻の者”達のお話。


*―*―*―*―*―*―*―*


作品観覧ありがとうございます


一部ページを編集しました


よろしくお願いします


*―*―*―*―*―*―*―*

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

姫園☆死姫さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント