このページのリンクアドレス

エブリスタ
ロボットと海

小説 SF

ロボットと海

洞貝 渉

 春が終われば桜が散るように、夏の一週間が過ぎれば蝉が死に絶えるように。

完結

24ページ

更新:2012/05/14

説明

 春が終われば桜が散るように、夏の一週間が過ぎれば蝉が死に絶えるように。

学生とロボット、それからロボットをつくる女の話。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

洞貝 渉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません