このページのリンクアドレス

エブリスタ
現代魔法大戦記

小説 ファンタジー

現代魔法大戦記シリーズ

現代魔法大戦記

♪446♪

もし、魔法が使えたら、その苦悩とは一体何だろうと人は想像する。

完結

110ページ

更新:2013/06/21

説明

現代を生きる青年の、たった一つの隠し事が『魔法が使えること』だったとしたら、その青年は『何故魔法を使えることを隠す必要があった』のだろう。

ある日ある時、何の才能にも恵まれない一人の青年が持ってしまった才能が、『自分の願いは叶えれないのに、人の願いは叶えてしまう』という、どうしよもない才能を授かってしまったとするならば、人はその才能を果たして『欲しい』と思うだろうか?

青年は、そんな才能など、微塵も要らなかった。

普通に生活して、普通に高校を楽しみたかっただけなのに、自分は不幸になって『自分のお陰で他人は幸せ』になっていく。
そんな生活に耐えかねて、悲観に打ちひしがれる青年に、更なる不幸が舞い降りる。

ただただ、普通を求める青年と、だけど普通では要られない才能を持ってしまった青年の、有り得ない日常を描いた、これはちょっと変わった物語。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

♪446♪さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント