このページのリンクアドレス

エブリスタ
先生と私の事情

小説 恋愛

先生と私の事情

しろた 月乃

(4)

恋には様々な形があります。では愛には…?

連載中

330ページ

更新:2018/06/22

説明

もしも信頼している、家族、恋人、友達が全て偽りのものだったとしたら?

そんなのドラマや小説の中でだけの話?
本当にそうなのでしょうか…。
だって貴方も感じた事があるはず。
家族や、恋人、友達に言葉では表現しようのない違和感を。
果たしてそれはただの勘違いなのでしょうか…。
火のないところに煙は立ちません。

幸せだと思っていた環境が徐々に音を立てて崩れて行ったら、貴方はどうしますか?

この作品のタグ

作品レビュー

カイかいる
カイかいるさん
【作品】先生と私の事情についてのレビュー

ネタバレ

「ラブストーリーは唐突だ」
率直に読ませていただいた感想です。感想だけだとあれですので、レビュー的なものを。シナリオを見てほしいとの事だったので、表現とかについては特に言及しません。後半は何かあったのかだいぶ変わってましたし。
シナリオについてですが、主人公の最初のレズビアンの設定が生かし切れていない、言うよりも、レズビアンの設定のせいで幸四郎を好きになる過程に無理が来ている気がしました。あれだけ嫌ってたのに……と思ったのが一つ。何かイベントが一つほしい。告白された、これだけじゃ多分弱いと思いました。いっそのことバイセクシャルなら山場がなくても納得という感じではありましたけど。
一方で友人たちとのやり取り、そこに含まれる心理などは、なんとなくありそうだなぁというか、女ってこえぇΣ(゚Д゚)って言うか、友達と離しながらそんな恐ろしいこと考えてんのかよ\(◎o◎)/!っていう感じでした。まぁでも実際のところ、妹からもそういう話を聞いてたりするんで、まさにそうなんだろうなぁという流れに関しては、勉強っていうかリアルっていうかうまくシナリオが作れてるなぁと思いました。
こんな所で私のレビューを終わらせてもらいます。あまりにも久しぶりすぎたので、結構流れた感じのレビューになってしまってる気もしますが。
では。

もっと見る

2015/03/17 21:12
コメント

しろた 月乃さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント