このページのリンクアドレス

エブリスタ
送り火

小説

送り火

豆板醤

(7)

お盆の祭…送り火の刻、母と娘は再会した。

完結

10ページ

更新:2013/08/27

説明


短い短い小説に

ある母娘の物語を切り取ってみました…


『命』とは、時を永遠に流れて行くもの…と思う、私の私観で書かせて頂いています。


〔H24年8月2日公開〕

この作品のタグ

作品レビュー

豆板醤さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント