このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

神が見た世界

小説 ファンタジー

神が見た世界

si6neko

0から始まる物語 すべては彼らが決め、彼らがすべての答えを探すしかない

休載中

13ページ

更新:2012/09/22

説明

レティシアという世界があった。争いはあるものの大きなものになることはなく、比較的平和な世界だ。

そんな世界にヘスニア王国という、ミュール・ド・セラフが女王に君臨する国があった。ヘスニア王国は統率力の高い軍隊が有名な国で、周りの国からは一目おかれている。

ヘスニア王国には、フェイ家という古くから有名な家がある。軍の隊長の多くはこのフェイ家から輩出されていた。

フェイ家には双子の姉弟、レベッカとレベックがいる。彼らは次期隊長として有望視されている。

あるときレベッカは森の中に一人でいた。辺りは静かで、動物や人の気配は無かった。それなのに……

「どうしたの?」

頭のすぐ上からそう言われた。頭を上げたレベッカの目の前には、深い真っ黒な目をこちらに向けている少年がいた。


このときから、世界は大きく動き出す。誰にも目的が、終着点が分からないまま、抗うことの出来ない力を持って…………

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

si6nekoさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません