このページのリンクアドレス

エブリスタ
junior high(ジュニア・ハイ)

小説 青春

B.T.D.C.―圧縮上死点(創作集)

junior high(ジュニア・ハイ)

高山 志行

この物語は自伝的ではありますが小説です。

完結

119ページ

更新:2016/11/29

説明

時は1970年代中葉。

ロックンロール大好きな「ぼく」は、junior high(school)…中学校の三年生(セニア)。

剣道部員の「ぼく」だったけど、水泳が得意で、何より一番の興味の対象はモーター・スポーツ。

「レーシング・カート」のレースに参戦していた。

それに、恋や勉強だって、おろそかにできない。

夢や興味が尽きない日々。

小さな街角から、もうちょっと大きな町へと、行動半径も交友関係も広がっていった時期。

まだまだ“junior”だったけど、見るもの何でも新鮮で、いろいろなものに、素直に”high”になる事ができた。

そんな「ぼく」は、受験を控えた、最後の夏休みを過ごしていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高山 志行さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント