このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

自動車整備士までの道のり

小説 ノンフィクション

自動車整備士までの道のり

ボン●

自動車整備士になろうと考えている人達に送る小説

休載中

2ページ

更新:2012/09/16

説明

自動車整備士と言う職業を聞くと皆さんはどのようなイメージを持つだろうか?
オイルまみれのツナギで車の下からぬっと出てくるイメージ?

汗だくで体力勝負の仕事?

とにかく汚れ仕事ばっかりやってるイメージ?

確かにこれらは自動車整備士の仕事に当てはまる事項ですが………

現役自動車整備士の私が断言しよう。


自動車整備士はそれだけではない!

毎年10%前後くらいしか受からない国家一級自動車整備士を始め、実は非常に頭を使う職業なのです!

詳しくは小説を読んでね?I



この小説では高校2年生まで車に興味がなかった私が、今ではベンツやBMWなど高級外車を整備する整備士になるまでを振り返りながら整備士とはこんな職業なんだと説明していく自己満足小説です(笑)

この小説を読んで自動車整備士を目指したいと思ってくれる人がいたら非常に嬉しいです!


あくまで私自身が感じてきた物を小説にしますので、他の自動車整備士さん達が同じ考えを持っている訳ではないという事を気をつけて読んでください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ボン●さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません