このページのリンクアドレス

エブリスタ
白銀の龍

小説 ファンタジー

白銀の龍

-AI姶良RA-

(2)

作「えー…完結しました?」龍「なんで?が付くんだよ」作「なんでだろうね」

完結

110ページ

更新:2012/12/09

説明






龍「こんな小説世に出していいのか?」

作「わかんない」←

龍「結局何書きたいの?」

作「魔法ふぁんたじー的な中二満載のイタイ小説?」

龍「……はぁ」

作「あ。『…』使いまくりますよー!!」




☆★☆★☆★☆★

神様と間違えられて天界へ連れてこられた『来栖 龍』←主人公

神「あ、地球には戻れないから」

と衝撃の一言。

魔法の発展した異世界へ転生☆

そこにはなぜか一ヶ月前から行方不明の唯一の友人が。





色んな使い魔出てきます。
そんなばなnげふんバカな、な能力も出していきます。
チート能力ばんざい!!
中二ばんざい!!


戦闘シーンもありますが作者は喧嘩は愚か、人を殴ったことすらないので、『なんだこれは』状態になると思いますが生暖かい目で見てやって下さい。

また、誤字、脱字にはこっそりと、優しく教えてくださると嬉しいです。


初めの方の本編は説明が多々入って来るので少々読みにくいと思います。
台詞が長いです。異様に。


一ページが長いです。
文字数制限ギリギリまで書くようにしています(←始めのほうはできてない)
のため、ページ数の割りに話が進むと思います。

すみませんorz

注:本編に作者は出てきません。
  しかし、章タイトルのページには出てきます。
  しかし雑談程度です。
  ウザい・要らないなど、意見があればお願いします。

尚、この小説は作者の願望により生まれました。
異世界行きたいです。



.

この作品のタグ

作品レビュー

-AI姶良RA-さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません