このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

散りゆく花も光となれ

小説 歴史・時代

散りゆく花も光となれ

わむ

町娘、花が出会ったのは綺麗な浅葱色を身にまとった新撰組でした。

休載中

113ページ

更新:2013/08/31

説明

時は幕末。


京の町商人の一人娘、お花 ハナ が出会ったのは

綺麗な浅葱色を身にまとった集団。


あの浅葱色を着た者たちは何かと聞くと、みな口を揃えて言った。


新撰組


と。


彼らと出会いお花が何を感じて成長するのか。


人斬り集団と言われ恐れられた新撰組の本当の姿とは。



もちろんフィクションです。

作者が勝手に作り出したものであって実際に起こった事とは何の関わりもありません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません