このページのリンクアドレス

エブリスタ
天狗少女

小説

天狗少女

山田サト

俺は八幡神社の境内の森の中で天狗少女を見た。

完結

12ページ

更新:2012/10/10

説明

俺は八幡神社の境内の森の中で天狗少女を見た。
鼻の長い天狗の赤いお面を付け、足には高下駄を履いて、山伏の服装をし、背には翼が生えていた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

山田サトさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません