このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

時舞う桜

小説 歴史・時代

時舞う桜

鳴海

時を越えた先での出逢いと別れ……新撰組の元で何を失い、何を得て、誰を愛す――…?

休載中

481ページ

更新:2017/01/03

説明




父の影響から斎藤一を師匠と呼ぶ少女。



そんな彼女は気づけば、時を越えていた……。





“君って本当に、見てて飽きないよね”




“俺はお前の師匠ではない”




“俺達は何処に居ようが誠の旗の元にひとつだ”



“私は貴方を選びます
だから、貴方も私を選んで――…”




いざ、動乱の世へ……







※歴史初心者マークのため、史実には沿わなかったり言葉等…問題があるかもしれませんので、そういうのがNGな方にはオススメ出来ません;



ちょくちょく更新出来たらいいと思います



2012.10.9~








この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント