このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

銀髪の悪魔

小説

銀髪の悪魔

ヘイロン〆

(1)

「…まって…」「まちなさいよ!!」「いや……なんで付いてくんの?」

休載中

44ページ

更新:2013/06/15

説明

この街では、「銀髪の悪魔伝説」という都市伝説がある。

むかし、ここら辺は不良が多く、一時期治安が悪い時があった。
その時、一人の人物が現れた……

その者は、月夜を跳ね返すような銀髪で、不良たちをたった一人で全滅させた。
その悪魔のような強さと、銀髪とで付けられた名前が『銀髪の悪魔』である。

不良たちは、悪さをすれば銀髪の悪魔がやってくると恐れ、その街では不良がいなくなった。

この物語は、その都市伝説の舞台となった神明市(かみあけし)が舞台である。


顔を前髪と眼鏡で隠している主人公
鷹橋 冬弥 
「俺はゆっくりしたいのだが……」


物静かなクールお嬢様?
大道寺 咲妃
「みつ…けた……クスクス」


学園一の最強生徒会長
桜丘 裕美
「こら!逃げるな!!」


甘えっこのブラコン妹
鷹橋 由美
「お兄ちゃん!だ~い好き//」



この作品は作者の思いつきと、勝手な妄s…もとい想像でしていきます。
誤字・脱字はどうかお許しください。

ちなみに、更新はものすごく遅いです。すいません!


2012 10/15 掲載開始


検索ワード
最強 都市伝説 秘密 お嬢様 生徒会長 ブラコン 剣術 武術 家系 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません