このページのリンクアドレス

エブリスタ
梅の木

小説

なんでもご用命ください

梅の木

居待月ゆう

何でも屋の最初の依頼は梅の盆栽を買ってくること。その理由とは。

完結

8ページ

更新:2012/10/18

説明

リストラされた俊夫は何でも屋を始めた。さまざまな依頼をこなしていく人間模様をお伝えします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

居待月ゆうさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません