このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

櫻のハナビラ

小説 歴史・時代

時代物

櫻のハナビラ

九鬼 ゆか

再び櫻が咲いたなら、貴方を迎えにきます。約束を守るために…

休載中

8ページ

更新:2012/12/16

説明

徳川家四代家綱公が治める江戸は、戦国と言う群雄割拠の戦乱からかけ離れた活気に満ち溢れ初めていた。


そんな街の数段上をいく賑わいを持つのが遊郭“吉原”である。


男を一夜の夢へと導き、楽しい時間を過ごす一種の極楽の地。


そんな中で育った一人の女は、ある日、吉原の隅にある櫻の下である男と出会う。


迎えに着たとそう告げる男に、女は警戒し愛想笑いだけを浮かべ関わりを絶とうとする。


「私は死ぬまで遊女。この吉原から出る気はありんせん」







初のオリジナル小説処女作です!!


モデルは“万治高尾”と呼ばれた有名な高尾太夫二代目です。


高尾太夫の中でも最高と言われ、その諸説の中の伊達三代目の話を元にアレンジして作る予定です


そりゃぁ、遊郭の女ですので、多少18禁程ではないですが性的描写が出るかもなんで、無理な方はお引き取りください。


でも、そんなになかったりもしますが…(笑)


良ければ、見てってくださいな


あっ、表情、挿し絵を描いても良いって方、連絡下さい


待ってますでやんす

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

九鬼 ゆかさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント